三村次郎左衛門(読み)みむら じろざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「三村次郎左衛門」の解説

三村次郎左衛門 みむら-じろざえもん

1667-1703 江戸時代前期の武士。
寛文7年生まれ。赤穂(あこう)四十七士のひとり。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂藩士。7石2人扶持の台所役で,(あだ)討ち加盟をもうしでたとき一同にわらわれたが,大石良雄を知ってゆるしたという。討ち入り後は水野家にあずけられ,元禄(げんろく)16年2月4日切腹。37歳。名は包常(かねつね)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

三内丸山遺跡

青森市中心部の南西,沖館川の南に面する丘陵地帯に広がる縄文時代の遺跡。 1992年発掘開始。 1994年約 4500年前のものと推定される直径 1.8mの柱穴6個と,直径 80cmのクリ材と思われる木...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android