一同(読み)いちどう

精選版 日本国語大辞典「一同」の解説

いち‐どう【一同】

〘名〙
① (形動) 全く同じであること。一致すること。一つになるさま。
※性霊集‐六(835頃)藤大使為亡児設斎願文「三曳自柱、不他造、一同本覚、何待縁起」
※十問最秘抄(1383)「世上一同に帰せば、力なく其の方へ諸道の事はなるべき也」
② そこにあるすべてのもの。全体。みな。
※書言字考節用集(1717)八「一同 イチドウ 〔左伝〕列国一同」
③ (━する) 心を一つにして物事をすること。賛同すること。
※吾妻鏡‐貞応年(1223)正月二〇日「各所申頗不一同也」
※古今著聞集(1254)五「満座一同しければ」
④ (多く「に」を伴って副詞的に用いる)
(イ) 複数の人が同時に物事をすること。みんなが同様の動作、行為などをするさま。いっしょ。
※延喜式(927)二六「納官封家一同割充之」
※平家(13C前)一〇「おのおの一同に申されければ」 〔羅隠‐陝西晩思詩〕
(ロ) 全体をひとまとめにするさま。
小学読本(1873)〈田中義廉〉一「大なるも、小なるも、又良きも、悪しきも、皆一同に捕ふることを得るなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一同」の解説

いち‐どう【一同】

そこにいる人々全部。または、仲間の者全体。「有志一同
同じであること。同一。
「面々の意見―せしかば」〈太平記・四〉
心を一つにして物事をすること。→一同に
「などか又、おのおの見つかざりつるぞ。―せられけるにや」〈とはずがたり・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android