三条実香(読み)さんじょう さねか

美術人名辞典の解説

三条実香

公卿。公敦の子。仕えて従一位太政大臣となる。天文六年に出家し、法名を諦空といった。号は後浄土寺殿。永禄2年(1559)歿。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三条実香 さんじょう-さねか

1469-1558 室町-戦国時代の公卿(くぎょう)。
文明元年生まれ。三条公敦(きんあつ)の子。天文(てんぶん)4年太政大臣にすすむ。従一位。弘治(こうじ)4年2月25日死去。90歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android