コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根来衆 ネゴロシュウ

百科事典マイペディアの解説

根来衆【ねごろしゅう】

紀伊国根来寺僧兵集団。同寺は南北朝時代以降,紀伊・和泉・河内などの土豪国人と結んでその子弟を入寺させ,最盛時には2700ともいわれる多くの子院を建立。本山高野山と激しく抗争していた根来寺では,こうした子院を中心に衆徒(根来衆)の武装化が進んだ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ねごろしゅう【根来衆】

根来寺の僧兵集団。教団組織では行人衆をいう。その行動はとくに戦国時代に活発で,鉄砲を使用したことで知られる。戦国諸侯は〈金銭を以て彼らをやとい入れ〉,その数は〈つねに二万余人〉が準備されていた。文明期(1469‐87)に和泉へ進出をはじめ,細川三好と争い,永禄年間(1558‐70)には泉南を支配した。粉河寺や高野山と領有権をめぐる争いをくり返して寺領拡大を図った。集団の指揮者旗頭,大将とよばれ,泉職坊快厳,杉坊照算,岩室坊勢誉などが知られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の根来衆の言及

【紀伊国】より

…1460年(寛正1),細川勝元に支援された政長によって義就が守護を罷免されて以降,畠山氏は両派に分裂し,紀伊国は河内・大和国とともに激しい抗争の舞台となり,これが応仁・文明の乱に発展した。50年間にもおよぶ畠山氏の抗争は16世紀初頭に終息するが,この間に勢力をたくわえてきたのが根来衆と雑賀(さいか)衆である。根来寺の急速な発展を支えたのは,紀北・泉南・南河内の新興の土豪地侍層で,彼らは山内に子院をつぎつぎと建立し,高利貸や荘園の代官請などを通じて,紀北・泉州地域の荘園を蚕食した。…

※「根来衆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

根来衆の関連キーワード根来寺境内岩出[町]四国征伐和歌山県津田監物根来流紀伊国佐野

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android