三条蝶(読み)みすじちょう

精選版 日本国語大辞典「三条蝶」の解説

みすじ‐ちょう みすぢテフ【三条蝶】

〘名〙 タテハチョウ科のチョウ。はねの開張約六・五センチメートル。地色は黒で三条の白い帯紋が並ぶ。裏は褐色で白帯がある。成虫は五~六月ごろ渓谷などに現われる。幼虫はモミジ類、カエデ類などを食べる。年一化で幼虫で越冬する。日本各地、朝鮮半島、中国、台湾に分布。〔日本昆虫学(1898)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「三条蝶」の解説

みすじ‐ちょう〔みすぢテフ〕【三×蝶】

タテハチョウ科のチョウ。はねの開張約6.5センチ。翅は黒色の地に3本の白斑列がある。5、6月ごろ山地にみられ、樹上を高く飛ぶことが多い。幼虫はカエデ類の葉を食べる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「三条蝶」の解説

三条蝶 (ミスジチョウ)

学名Neptis philyra
動物。タテハチョウ科のチョウ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android