コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三段ノ舞 さんだんのまい

1件 の用語解説(三段ノ舞の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さんだんのまい【三段ノ舞】

能,狂言の舞事(まいごと)の名。能の場合は中ノ舞(ちゆうのまい)の一種で,中ノ舞の楽式は正式五段であるのを略式三段にするが,舞い手がツレまたは子方のときは正式が三段であるので,特に三段ノ舞と称する。《竹生島》《嵐山》《鶴亀》《正尊(しようぞん)》《関寺小町》などで舞われる。中ノ舞と同様,太鼓三段ノ舞と大小三段ノ舞とがある。狂言の場合は,能の三段ノ舞を模して簡略化した舞事。中ノ舞と同じく呂中干(りよちゆうかん)形式の囃子であるが,総体に軽みを帯びた演奏で,笛の旋律は飄逸味を感じさせ,打楽器(小鼓,大鼓,太鼓)は三ツ地(みつじ)系の単純な手組に終始する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の三段ノ舞の言及

【舞事】より

…〈羯鼓〉は男の遊芸人などが身体につけた羯鼓を両手の撥(ばち)で打ちながら舞う大小物の舞事で,《花月》《望月》などに用いられる。 狂言の舞事は,笛・小鼓・大鼓・太鼓で奏する〈三段ノ舞〉〈楽〉と,笛・小鼓で奏する〈神楽〉,笛のみで奏する〈羯鼓〉〈棒フリ〉がある。〈三段ノ舞〉は能の〈中ノ舞〉を模した三段から成る舞で,狂言舞,百姓舞,笛舞などともいわれ,《三人長者》《餅酒(もちさけ)》《二人袴(ふたりばかま)》《猿聟》などに用いられる。…

※「三段ノ舞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三段ノ舞の関連キーワード序の舞中の舞早舞舞狂言乱拍子急の舞破の舞舞事舞働き働き事

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone