コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三河種 みかわしゅ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三河種
みかわしゅ

愛知県の三河地方で明治末期~大正初期に作出された卵肉兼用鶏。バフ色レグホーン,バフ色プリマスロック,名古屋種などを交配したもので,体型は名古屋種よりやや小さく,冠は鮮赤色単冠で,深く5歯に分れ,羽は帯黄バフ色,嘴,脚は淡黄色で耳朶白色。年産卵数は 150個程度。就巣性は交配によってかなり除去された。肉用としては質柔らかく佳良。標準体重成雄 2.8kg,成雌 2.3kg。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android