コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佳良 カリョウ

デジタル大辞泉の解説

か‐りょう〔‐リヤウ〕【佳良】

[名・形動]すぐれていること。かなりよいこと。また、そのさま。
「病人の経過は、一時稍(やや)―であったが」〈漱石それから

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かりょう【佳良】

( 形動 ) [文] ナリ 
よいこと。また、かなりな程度よいさま。 「風味-」 「新思想を政府自身に研究して、其-なる物を撰択し/一隅より 晶子

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

佳良の関連キーワード両・了・亮・令・僚・兩・寥・寮・料・梁・涼・漁・燎・猟・獵・療・瞭・稜・糧・綾・繚・良・諒・輛・遼・量・陵・霊・領ロードアイランド・レッド種日本のおもな美術館ブラウントラウト優佳良織工芸館国民保養温泉北海道旭川市雪の美術館旭川(市)優佳良織ビワマス軟化栽培アカロフヒツジ三河種イワナブタゴマ一隅

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佳良の関連情報