三浦時高(読み)みうら ときたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三浦時高 みうら-ときたか

1416-1494 室町時代の武将。
応永23年生まれ。三浦高明の子。相模(さがみ)(神奈川県)三浦郡新井城主。三浦義明の後裔(こうえい)で,三浦介の称をつぐ。足利持氏(もちうじ)につかえ,永享の乱では幕府方にねがえり持氏を自害に追いこむ。のち上杉氏から養子義同(よしあつ)をむかえたが,実子高教(たかのり)が生まれたため追放。明応3年9月23日義同に反攻されて自害。79歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android