コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上杉禅秀の乱 うえすぎぜんしゅうのらん

4件 の用語解説(上杉禅秀の乱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上杉禅秀の乱
うえすぎぜんしゅうのらん

応永 23 (1416) 年 10月,犬懸上杉家の氏憲 (禅秀) が鎌倉公方足利持氏にそむいた争乱。持氏と不和で,山内上杉家の憲基の関東管領就任などに不満をもった禅秀が,室町幕府4代将軍足利義持の弟義嗣,持氏の叔父満隆らとはかって挙兵し,一時は鎌倉を掌握したが,翌年正月,満隆,禅秀は敗れて自殺。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

上杉禅秀の乱【うえすぎぜんしゅうのらん】

1416年上杉禅秀(氏憲)が鎌倉公方足利持氏に対して起こした反乱。1415年関東管領の氏憲は持氏と不和となり辞職,1416年将軍足利義持や持氏に不満の関東の豪族とともに挙兵したが,幕府の持氏支援によって敗れ,1417年自殺。
→関連項目足利義持稲村御所

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

うえすぎぜんしゅうのらん【上杉禅秀の乱】

1416年(応永23)10月より翌年1月まで,上杉氏憲(禅秀)が鎌倉公方足利持氏に反して起こした室町時代前期の内乱。1416年10月前管領上杉氏憲は持氏の叔父満隆を奉じて持氏邸を夜襲した。持氏は管領上杉憲基邸に逃れ,氏憲の来攻によりさらに小田原を経て駿河に逃れた。氏憲に与同した諸氏は氏憲一門,氏憲と姻戚関係を結んでいた千葉兼胤岩松満純武田信満らの東国の伝統的豪族層,鎌倉府に不満を持つ足利満直山入与義,小田持家らの有力領主層,関東から奥羽にかけての中小国人層などであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上杉禅秀の乱
うえすぎぜんしゅうのらん

1416年(応永23)から翌年にかけて上杉氏憲(うじのり)(法名禅秀)が鎌倉公方(くぼう)足利持氏(あしかがもちうじ)に対して起こした乱。禅秀(犬懸(いぬがけ)家)は上杉憲定(のりさだ)の後を受け、関東管領(かんれい)に就任したが、家人の越幡(おばた)氏が持氏に処分され所領を没収されたという問題で持氏と対立して辞職、持氏が、後任に勢力を競っている上杉憲基(のりもと)(山内(やまのうち)家)を任命したことにより、禅秀の反山内家・反持氏が公然化した。そして、将軍義持(よしもち)の弟義嗣(よしつぐ)、持氏の叔父満隆(みつたか)、さらに禅秀と姻戚(いんせき)関係にある岩松満純(いわまつみつずみ)、那須資之(なすすけゆき)、千葉兼胤(ちばかねたね)、常陸大掾(ひたちだいじょう)満幹(みつとも)、武田信満(たけだのぶみつ)や、山入与義(やまいりともよし)、小田持家(おだもちいえ)らの諸豪族、二階堂、木戸らの吏僚層、武州南一揆(いっき)などの中小氏族など、現体制に不満を有する広範な武士たちを糾合し、16年10月挙兵し持氏を襲撃した。持氏らは駿河(するが)の今川(いまがわ)氏のもとに逃れたため、禅秀らは鎌倉を占領した。しかし反乱軍の反抗を恐れた幕府が持氏への救援を決定し、越後(えちご)の上杉房方(ふさかた)、信濃(しなの)の小笠原政康(おがさわらまさやす)、駿河の今川範政(のりまさ)らに出兵を命じたことにより形勢は逆転し、また武州南一揆などの離反もあり、結局17年正月、禅秀らは鎌倉の雪ノ下別当房で自殺し、反乱は終息した。
 この乱の結果、東国の社会は混乱し、鎌倉府の支配体制も動揺し、それらの立て直しを図るため持氏による強圧的な行動が行われるが、かえって混乱は深まり、さらには幕府との関係も以前に増してうまくゆかなくなるなど、この乱は東国に新たな問題を生み出す原因をつくることとなった。[小要 博]
『渡辺世祐著『関東中心足利時代之研究』(1971・新人物往来社) ▽神奈川県県民部県史編集室編『神奈川県史 通史編1』(1981・財団法人神奈川県弘済会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の上杉禅秀の乱の言及

【鎌倉公方】より

…満兼は,1409年7月に死去し,その跡は嫡子持氏が継いだ。
[幕府との対立,滅亡]
 持氏が最初に直面したのは,16年10月の上杉禅秀の乱であった。これは,前の関東管領上杉禅秀(氏憲)が将軍義持の弟義嗣や持氏の叔父満隆らと気脈を通じておこした反乱であったが,専制的支配を強める鎌倉公方に反対する広範な諸勢力を結集しえた点で,東国における本格的な内乱のはじまりであった。…

【下野国】より

…禅秀方には,那須資之,宇都宮左衛門佐,薬師寺,佐野左馬助,小山等の諸将,持氏方には宇都宮持綱,長沼義秀らがいた。上杉禅秀の乱に勝利した足利持氏は,宇都宮,那須など将軍に直結した京都扶持衆といわれる北関東の国人層の弾圧に乗り出し,京都の改元にも従わず,幕府の直轄領足利荘を押領するなど,専制権力の確立につとめた。穏健派の関東管領上杉憲実は持氏と不和になり,38年(永享10)永享の乱が勃発した。…

※「上杉禅秀の乱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

上杉禅秀の乱の関連キーワード狩猟期月よりの使者一色満範性恵女王尊賢高倉永行千葉輔胤長覚法尊京都扶持衆

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone