コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三浦梧門 みうら ごもん

美術人名辞典の解説

三浦梧門

幕末の画家。長崎生。名は惟純、字は宗亮、通称は総助、梧門は号、別号秋声・荷梁。興善町の乙名長崎会所目付を務める。幼少より画事を好み、明・清の近世南画に倣って山水・花鳥を能くし、日高鉄翁木下逸雲と共に長崎三名家と呼ばれる。万延元年(1860)歿、52才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三浦梧門 みうら-ごもん

1808-1860 江戸時代後期の画家。
文化5年1月4日生まれ。肥前長崎の町役人で,長崎会所の目付役にすすんだ。画は渡辺鶴洲(かくしゅう),石崎融思にまなび,明清(みんしん)画を研究。木下逸雲,鉄翁祖門(てっとう-そもん)とともに長崎文人画の三大家と称された。万延元年10月8日死去。53歳。名は惟純。字(あざな)は宗亮。通称は総助。別号に秋声,荷梁。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

三浦梧門

没年:万延1.10.8(1860.11.20)
生年:文化5.1.4(1808.1.31)
江戸後期の画家。長崎の人。長崎会所目付となる。初め唐絵目利渡辺鶴洲 に師事し,のちに中国画に学んで柔軟な筆触を重ねる山水画を得意とした。作品は長崎市立博物館などに所蔵

(佐藤康宏)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

三浦梧門 (みうらごもん)

生年月日:1808年1月4日
江戸時代末期の画家
1860年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

三浦梧門の関連キーワード生年月日長崎派没年

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android