コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三浦貞連 みうら さだつら

2件 の用語解説(三浦貞連の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三浦貞連 みうら-さだつら

?-1336 鎌倉-南北朝時代の武将。
建武(けんむ)2年足利尊氏の京都進攻にしたがう。侍所頭人(さむらいどころとうにん)に任命されたが,3年1月27日賀茂河原の戦いで討ち死に。初名は貞明。通称は六郎左衛門尉。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

三浦貞連

生年:生没年不詳
鎌倉・南北朝時代の武将。父は時明,母は大多和行秀の娘。初名貞明,通称六郎左衛門尉。因幡守。宝治合戦(1247)で北条・安達氏により三浦宗家が滅ぼされたのち,和泉守護佐原義連の一流が同氏を継ぎ,元弘の討幕には一族を挙げて加わった。しかし建武2(1335)年の中先代の乱で兄時継が北条時行方についたため,室町幕府は貞連を登用。佐々木仲親と共に侍所頭人に任ぜられた。建武4/延元2年には甥の高継が頭人となったが,その後の三浦氏は振るわず動静も明らかでない。

(今谷明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三浦貞連の関連キーワード伊賀兼長伊作宗久今川頼貞高津長幸南部政行禰寝清種船田経政松浦定結城朝常由良光氏

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone