三浦貞連(読み)みうら さだつら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三浦貞連 みうら-さだつら

?-1336 鎌倉-南北朝時代の武将。
建武(けんむ)2年足利尊氏の京都進攻にしたがう。侍所頭人(さむらいどころとうにん)に任命されたが,3年1月27日賀茂河原の戦いで討ち死に。初名は貞明。通称は六郎左衛門尉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

三浦貞連

生年:生没年不詳
鎌倉・南北朝時代の武将。父は時明,母は大多和行秀の娘。初名貞明,通称六郎左衛門尉。因幡守。宝治合戦(1247)で北条・安達氏により三浦宗家が滅ぼされたのち,和泉守護佐原義連の一流が同氏を継ぎ,元弘の討幕には一族を挙げて加わった。しかし建武2(1335)年の中先代の乱で兄時継が北条時行方についたため,室町幕府は貞連を登用。佐々木仲親と共に侍所頭人に任ぜられた。建武4/延元2年にはの高継が頭人となったが,その後の三浦氏は振るわず動静も明らかでない。

(今谷明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android