コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三淵光行 みつぶち みつゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三淵光行 みつぶち-みつゆき

1571-1623 江戸時代前期の武士。
元亀(げんき)2年生まれ。足利家庶流で,祖は足利義満の子持清。元亀4年父藤英が織田信長に敗れて自害後,叔父の細川幽斎にやしなわれる。徳川家康につかえ,慶長14年近江(おうみ)(滋賀県)に1000石をあたえられた。元和(げんな)9年9月16日死去。53歳。通称は弥四郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三淵光行の関連キーワード安土桃山時代(年表)ヤン・ヨーステンヌーネス=バレトナバレテ氏家卜全和田惟政サンアグスチン教会バルキャムデンブロス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android