コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三淵光行 みつぶち みつゆき

1件 の用語解説(三淵光行の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三淵光行 みつぶち-みつゆき

1571-1623 江戸時代前期の武士。
元亀(げんき)2年生まれ。足利家庶流で,祖は足利義満の子持清。元亀4年父藤英が織田信長に敗れて自害後,叔父の細川幽斎にやしなわれる。徳川家康につかえ,慶長14年近江(おうみ)(滋賀県)に1000石をあたえられた。元和(げんな)9年9月16日死去。53歳。通称は弥四郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三淵光行の関連キーワードヤン・ヨーステン氏家卜全和田惟政日野輝資ルセナ黒田長政直方[市]徳川家光一乗谷(いちじょうだに)朝倉氏遺跡自治体間の災害時相互応援協定

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone