三淵光行(読み)みつぶち みつゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三淵光行 みつぶち-みつゆき

1571-1623 江戸時代前期の武士。
元亀(げんき)2年生まれ。足利家庶流で,は足利義満の子持清。元亀4年父藤英が織田信長に敗れて自害後,叔父細川幽斎にやしなわれる。徳川家康につかえ,慶長14年近江(おうみ)(滋賀県)に1000石をあたえられた。元和(げんな)9年9月16日死去。53歳。通称は弥四郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android