コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三田尻御茶屋 みたじりおちゃや

防府市歴史用語集の解説

三田尻御茶屋

 1654年、毛利綱広[もうりつなひろ]によって、藩主の休息施設として建てられ、何度か改築が行われながら、現在まで残っています。一時期、毛利重就[もうりしげたか]が藩主をしりぞいた後に移り住み、「三田尻御殿[みたじりごてん]」と呼ばれたこともありました。1939年に防府市に寄付された時に、毛利重就の法名から「英雲荘[えいうんそう]」と名付けられています。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

三田尻御茶屋の関連キーワード山口県防府市お茶屋町中岡慎太郎三条実美五十君家萩往還招賢閣

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android