三田村熊吉(読み)みたむら くまきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「三田村熊吉」の解説

三田村熊吉 みたむら-くまきち

1832-1890 明治時代の興行師
天保(てんぽう)3年生まれ。はじめ動物の見世物師で,通称は鳥熊。明治18年上方の若手役者をひきい,東京本郷の春木座歌舞伎興行。座席自由,下足無料などの観客サービスで鳥熊芝居と評判をとったが,劇場主にきらわれ,翌年大阪にもどった。明治23年4月18日死去。59歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android