コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三秋の思い サンシュウノオモイ

デジタル大辞泉の解説

さんしゅう‐の‐おもい〔サンシウ‐おもひ〕【三秋の思い】

《「詩経」王風・采葛の「一日見(あ)わざれば三秋の如し」から》1日会わないと3年間も会わないでいるような思いがすること。待ちこがれる気持ちを表す。一日千秋の思い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さんしゅうのおもい【三秋の思い】

〔詩経 王風、采葛
一日会わないと随分長いこと会わないような気持ちがすること。慕う気持ちが非常に強いこと。一日千秋の思い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三秋の思い
さんしゅうのおもい

思慕の情の切なることのたとえ。「一日三秋」ともいい、1日会わなければ三秋も会わないように思うとの意で、「三秋」とは旧暦7、8、9の秋3か月の称とも、3年の称ともいう。また「一日千秋」ともいうが、この場合の「千秋」は1000年をいう。『詩経』「王風采葛篇(さいかつへん)」に、「彼の簫(しょう)を采(と)る(恋をするの意)、一日見ざれば三秋の如(ごと)し」などとある。[田所義行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例