三笑亭可楽(4代)(読み)さんしょうてい からく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三笑亭可楽(4代) さんしょうてい-からく

?-1869 幕末の落語家。
幕臣の子。福寿庵可録に入門,可重を名のる。2代三笑亭可楽の養子となり,3代朝寝坊むらくをへて4代可楽を襲名。新政府軍に抵抗し,江戸に爆弾をしかけようとして捕らえられ,明治2年9月10日獄死。のちに「爆弾可楽」とよばれた。本名は榊原鎌三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android