コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三葉木通/三葉通草 ミツバアケビ

デジタル大辞泉の解説

みつば‐あけび【三葉木通/三葉通草】

アケビ科の蔓性(つるせい)の落葉低木。葉は卵形の3枚の小葉からなる複葉。4月ごろ、黒紫色の雄花雌花とをつける。実はアケビに似て、紫色に熟して裂け、白い果肉がのぞく。実は食用、つるはかごなどを作る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みつばあけび【三葉木通】

アケビの近縁種。落葉つる性木本で、山野に生える。葉は、卵形の小葉三個からなる複葉。果実は淡紫色長楕円形の液果で、食べられる。蔓つるで籠などを編む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

三葉木通 (ミツバアケビ)

学名:Akebia trifoliata
植物。アケビ科の落葉つる性植物,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

三葉木通/三葉通草の関連キーワード近縁種果実山野液果

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android