三解脱門(読み)サンゲダツモン

デジタル大辞泉の解説

さん‐げだつもん【三解脱門】

仏語。解脱に至る方法である3種の三昧(さんまい)。一切を空と観ずる空解脱、一切に差別相のないことを観ずる無相解脱、その上でさらに願求(がんぐ)の念を捨てる無願解脱。三三昧(さんざんまい)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんげだつもん【三解脱門】

〘仏〙 空解脱・無相解脱・無願解脱の総称。迷いの世界を三種の禅定によって脱け出すこと。また、その禅定。三解脱。 → 三三昧さんざんまい

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さん‐げだつもん【三解脱門】

〘名〙 仏語。解脱を得て、涅槃(ねはん)に通入する三種の三昧。万有の空を観ずる空解脱、万有の差別相のないことを観ずる無相解脱、これらの解脱に従って、さらに願求の念を離れる無願解脱の三種をいう。三三昧(さんざんまい)。三解脱。
※栄花(1028‐92頃)玉のうてな「三聚浄戒香薫じて、三解脱門風涼しきに、思ひあつかふ煩悩の焔皆滅除すらんと覚ゆ」 〔仏説法印経〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三解脱門の関連情報