三趾啄木鳥(読み)ミユビゲラ

大辞林 第三版の解説

みゆびげら【三趾啄木鳥】

キツツキ目キツツキ科の鳥。日本固有亜種。全長約22センチメートル、雄の頭頂は黄色、雌は黒色。体の上面が黒く、背から腰にかけては白色。足の指は三本(普通のキツツキは四本)。ユーラシア大陸北部、北米大陸北部の針葉樹林に分布。日本では北海道中央部の森林に生息し、分布の南限である。絶滅危惧種。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

三趾啄木鳥 (ミユビゲラ)

学名:Picoides tridactylus
動物。キツツキ科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android