コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三輪東朔 みわ とうさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三輪東朔 みわ-とうさく

1759-1818 江戸時代後期の医師。
宝暦9年生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)の人。江戸で開業。荻野元凱(おぎの-げんがい)に刺絡(しらく)術をまなび,安永3年(1774)施術。以降一般にもおこなわれるようになった。文政元年死去。60歳。字(あざな)は望卿。号は浅草庵。著作に「刺絡聞見録」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三輪東朔の関連キーワードフェルディナンド1世[両シチリア王国]サウド家ポンバルスミートンナポリ王国ハレ・ウィッテンベルク大学細井平洲ボルテールワシントン(George Washington)円山派

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android