三過(読み)サンカ

大辞林 第三版の解説

さんか【三過】

〘仏〙 身体・言葉・心でおかす過あやまち。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さん‐か ‥クヮ【三過】

〘名〙 仏語
① 三業によっておこる身(行為)、口(言語)、意(意念)の三つのあやまち。
※譬喩尽(1786)六「三過(さんク) 口過 身過 意過 自易至難」
② =さんか(三火)②〔山谷題跋‐士大夫食時五観〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三過の関連情報