三業(読み)さんぎょう

精選版 日本国語大辞典「三業」の解説

さん‐ぎょう ‥ゲフ【三業】

〘名〙
① 料理屋・待芸者屋の三種の営業。
東京日日新聞‐明治八年(1875)五月五日「蓋し此三業とは貸座敷(元の遊女屋娼妓(元の遊女引手茶屋(客と娼妓との媒妁をなす案内者)の三者を指して」
人形浄瑠璃で、太夫・三味線弾き・人形遣いの三者。

さん‐ごう ‥ゴフ【三業】

〘名〙 (「業」は、作用、行為の意) 仏語身業口業(くごう)意業との称。身体動作、言語表現、的活動の三つ。人間のあらゆる行為。
※三代格‐二・承和一三年(846)一〇月二七日「人之在世、恒与罪倶。已因三業而成過」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「三業」の解説

三業
さんごう

仏教用語。 (1) 身体的な行動 (身業) ,(2) 言葉を発すること (口業) ,(3) 心に思う働き (意業) の3つの総称。これらは必ず善悪,苦楽の結果 (果報) をもたらし,業があるかぎり輪廻は続くと考えられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android