コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三業 さんごう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三業
さんごう

仏教用語。 (1) 身体的な行動 (身業) ,(2) 言葉を発すること (口業) ,(3) 心に思う働き (意業) の3つの総称。これらは必ず善悪苦楽の結果 (果報) をもたらし,があるかぎり輪廻は続くと考えられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

さんぎょう【三業】

料理屋・芸者屋・待合茶屋の三種の営業。 → 二業
人形浄瑠璃で、浄瑠璃語り(太夫)・三味線弾き・人形遣いの三者。

さんごう【三業】

〘仏〙 身体の行為である身業、言語表現である口業くごう、心のはたらきである意業の三つ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三業の関連キーワード身三口四意三検番・見番人形浄瑠璃密厳(1)浄瑠璃語り三業相応身口意業入我我入三業組合三密加持三業惑乱三平等観神楽坂身口意無功用三密観二業地三事戒三業地三障

三業の関連情報