口過(読み)くちすぎ

精選版 日本国語大辞典の解説

くち‐すぎ【口過】

〘名〙 毎日の食物を得ること。転じて、暮らしをたてること。生計。なりわい。糊口(ここう)。口すごし。
※虎明本狂言・三人片輪(室町末‐近世初)「口すぎをなりとも仕り、よきつがひになんぞしてのきたいと存ずるが」
※牛部屋の臭ひ(1916)〈正宗白鳥〉三「自分一人の口過ぎは屹度して見せる」

くち‐すごし【口過】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android