上がり物(読み)アガリモノ

デジタル大辞泉の解説

あがり‐もの【上がり物】

神仏への供え物。
飲食物を丁寧にいう語。召し上がり物。
田畑などから収穫した物。
家賃・地代などの収入。
「貸長屋の百軒も持ちて、―ばかりに」〈一葉大つごもり
官公庁に没収されたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あがりもの【上がり物】

神仏に供えた品物。
他人に供する飲食物。召し上がり物。
田畑などの収穫物。また、家賃・地代などの収入。
官に没収された物。 「脇指は-、外に御せんぎは残るまい/浄瑠璃・長町女腹切

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android