上ノ塚古墳(読み)じょうのづかこふん

国指定史跡ガイドの解説

じょうのづかこふん【上ノ塚古墳】


福井県三方上中郡若狭町脇袋にある古墳。若狭地方における最大の前方後円墳で、4世紀末から5世紀前葉に造られた。膳部(ぜんぶ)山の西側山麓に7基あったと伝えられる脇袋(わきぶくろ)古墳群中最大で、全長約100m、後円部径約64m、前方部長約48m、3段築成で北面する。原形をよくとどめており、かつての周濠の存在も確認できることなどから、1935年(昭和10)に国の史跡に指定された。若狭の前方後円墳は現在17基が確認されており、西塚古墳・上ノ塚古墳・中塚古墳上船塚古墳下船塚古墳の5基は、同年に国の史跡に指定されている。中国や朝鮮半島から渡ってきた出土品も数多く、石室が露出した円墳も見学可能で、出土品は若狭町歴史文化館で見ることができる。JR小浜線上中駅から徒歩約30分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android