中塚古墳(読み)なかつかこふん

国指定史跡ガイドの解説

なかつかこふん【中塚古墳】


福井県三方上中郡若狭町脇袋にある5世紀中ごろの前方後円墳膳部(ぜんぶ)山の西側山麓に7基あったと伝えられる脇袋(わきぶくろ)古墳群のなかで最も谷の奥に築造された古墳で、上ノ塚古墳、西塚古墳とともに、1935年(昭和10)に国の史跡に指定された。墳丘は変形しているが、前方部を南に向け全長72m、後円部径30m、高さ6m、前方部幅26mで3段築成。盾形の周濠の痕跡が水田になり、埴輪(はにわ)と葺石(ふきいし)が確認されている。JR小浜線上中駅から徒歩約30分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android