コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中塚古墳 なかつかこふん

国指定史跡ガイドの解説

なかつかこふん【中塚古墳】


福井県三方上中郡若狭町脇袋にある5世紀中ごろの前方後円墳膳部(ぜんぶ)山の西側山麓に7基あったと伝えられる脇袋(わきぶくろ)古墳群のなかで最も谷の奥に築造された古墳で、上ノ塚古墳、西塚古墳とともに、1935年(昭和10)に国の史跡に指定された。墳丘は変形しているが、前方部を南に向け全長72m、後円部径30m、高さ6m、前方部幅26mで3段築成。盾形の周濠の痕跡が水田になり、埴輪(はにわ)と葺石(ふきいし)が確認されている。JR小浜線上中駅から徒歩約30分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

中塚古墳の関連キーワード群馬県桐生市新里町武井群馬県桐生市上ノ塚古墳西塚古墳前方部若狭町周濠葺石

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android