西塚古墳(読み)にしづかこふん

国指定史跡ガイドの解説

にしづかこふん【西塚古墳】


福井県三方上中郡若狭町脇袋にある5世紀後半の前方後円墳膳部(ぜんぶ)山の西側山麓に7基あったと伝えられる脇袋(わきぶくろ)古墳群の一つで、1916年(大正5)に国鉄(当時)小浜線敷設にともなう土砂採取の工事中に掘り出され、後円部から竪穴(たてあな)式石室が露出し緊急に調査された。1918年(大正7)には石室内部の調査が行われ、甲冑・玉耳飾り・刀剣など多量の副葬品が発見され、1935年(昭和10)に国の史跡に指定された。墳形は全長約74m、後円部径39m、前方部幅47m、高さは前方部が後円部よりやや低くなると推定されており、この古墳の被葬者は、『日本書紀』の記載と出土品の符合から、若狭国造(くにのみやつこ)だった膳臣斑鳩(かしわでのおみいかるが)ではないかとされている。JR小浜線上中駅から徒歩約30分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報