上中啓三アドレナリン実験ノート(読み)うえなかけいぞうあどれなりんじっけんのーと

事典 日本の地域遺産の解説

上中啓三アドレナリン実験ノート

(兵庫県西宮市名塩1-20-16 教行寺)
化学遺産」指定の地域遺産〔第002号〕。
1900(明治33)年高峰譲吉と上中啓三によってアドレナリンが発見され結晶化された。上中菩提寺である教行寺(兵庫県西宮市名塩)に所蔵されている

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android