コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上中 かみなか

3件 の用語解説(上中の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上中
かみなか

福井県南西部,若狭町南部の旧町域。小浜平野の東部から北川の上流域を占める。 1954年鳥羽村,瓜生村,熊川村,三宅村,野木村の5村が合体し町制施行。 2005年三方町と合体し,若狭町となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上中
かみなか

福井県若狭(わかさ)地方の中央部、遠敷(おにゅう)郡にあった旧町名(上中町(ちょう))。現在は三方上中(みかたかみなか)郡若狭町南西部を占める地域。旧上中町は1954年(昭和29)鳥羽(とば)、瓜生(うりゅう)、熊川(くまがわ)、三宅(みやけ)、野木の5村が合併して町制施行。2005年(平成17)三方(みかた)郡三方町と合併して三方上中郡若狭町となった。上中とはこの地方の古称である。南方は野坂山地を隔てて滋賀県と境し、西は小浜(おばま)市に接している。県境に源を発する北川は南東より北西の小浜市に向かって流れ、またJR小浜線、国道27号、303号は旧町域の中央部を東西に走っている。前方後円墳が9基(西塚古墳など5基が国指定の史跡)あり、若狭歴代首長の墓といわれ、畿内(きない)的色彩の強い副葬品が出土している。熊川断層に沿う交通路が若狭と畿内との交流に大きな役割を果たした。江戸時代は小浜藩の支配下に置かれ、若狭街道の熊川宿は、小浜と今津を結ぶ重要な宿駅として発展したもので、1996年(平成8)7月に重要伝統的建造物群保存地区に指定された。古来からの主産業は農林業であるが、膳部(ぜんぶ)山には県営牧場とゴルフ場があり、また河内(こうち)温泉、瓜割(うりわり)の滝などもあって観光に力を入れている。[印牧邦雄]
『『上中町郷土史』(1964・上中町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上中の関連情報