コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上中 かみなか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上中
かみなか

福井県南西部,若狭町南部の旧町域。小浜平野の東部から北川の上流域を占める。 1954年鳥羽村,瓜生村,熊川村,三宅村,野木村の5村が合体し町制施行。 2005年三方町と合体し,若狭町となる。地名は中世の上中郡にちなむ。中心地区三宅は近江盆地と小浜平野を結ぶ若狭街道 (現国道 303号線) 沿いにある。県境近くの熊川は口留番所が置かれたところで,宿場町の姿をよく残している。農業が盛んで,特にキャベツは関西方面へ出荷され,膳部山では放牧も行なわれる。安楽寺天徳寺,法順寺など社寺が多い。脇袋の西塚古墳上ノ塚古墳中塚古墳,日笠の上船塚古墳下船塚古墳はそれぞれ国の史跡。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上中
かみなか

福井県若狭(わかさ)地方の中央部、遠敷(おにゅう)郡にあった旧町名(上中町(ちょう))。現在は三方上中(みかたかみなか)郡若狭町南西部を占める地域。旧上中町は1954年(昭和29)鳥羽(とば)、瓜生(うりゅう)、熊川(くまがわ)、三宅(みやけ)、野木の5村が合併して町制施行。2005年(平成17)三方(みかた)郡三方町と合併して三方上中郡若狭町となった。上中とはこの地方の古称である。南方は野坂山地を隔てて滋賀県と境し、西は小浜(おばま)市に接している。県境に源を発する北川は南東より北西の小浜市に向かって流れ、またJR小浜線、国道27号、303号は旧町域の中央部を東西に走っている。前方後円墳が9基(西塚古墳など5基が国指定の史跡)あり、若狭歴代首長の墓といわれ、畿内(きない)的色彩の強い副葬品が出土している。熊川断層に沿う交通路が若狭と畿内との交流に大きな役割を果たした。江戸時代は小浜藩の支配下に置かれ、若狭街道の熊川宿は、小浜と今津を結ぶ重要な宿駅として発展したもので、1996年(平成8)7月に重要伝統的建造物群保存地区に選定された。古来からの主産業は農林業であるが、膳部(ぜんぶ)山の県営牧場とゴルフ場、河内(こうち)温泉、瓜割(うりわり)の滝などの観光スポットも多い。[印牧邦雄]
『『上中町郷土史』(1964・上中町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

上中の関連キーワード福井県三方上中郡若狭町三十三団地福井県三方上中郡若狭町大鳥羽福井県三方上中郡若狭町安賀里福井県三方上中郡若狭町麻生野福井県三方上中郡若狭町海士坂福井県三方上中郡若狭町井ノ口福井県三方上中郡若狭町上黒田福井県三方上中郡若狭町上野木福井県三方上中郡若狭町能登野福井県三方上中郡若狭町中野木福井県三方上中郡若狭町北前川福井県三方上中郡若狭町東黒田福井県三方上中郡若狭町上吉田福井県三方上中郡若狭町三生野福井県三方上中郡若狭町南前川福井県三方上中郡若狭町下野木福井県三方上中郡若狭町島の内福井県三方上中郡若狭町下タ中福井県三方上中郡若狭町下吉田福井県三方上中郡若狭町塩坂越

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上中の関連情報