上塗(り)(読み)ウワヌリ

デジタル大辞泉の解説

うわ‐ぬり〔うは‐〕【上塗(り)】

[名](スル)
壁塗り・塗装などで、あらかた塗った上に、仕上げとして最後に塗ること。また、その塗り。仕上げ塗り。「テーブルにニスを上塗りする」
あることの上にさらに同じようなことを重ねること。悪い場合にいう。「恥の上塗り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うわ‐ぬり うは‥【上塗】

〘名〙
① 壁や漆、絵の具などを塗る際の仕上げに、もっとも上の面を塗ること。仕上げぬり。⇔粗塗(あらぬり)
※書紀(720)仁徳元年正月(前田本訓)「即ち、宮垣(みかき)室屋(おほとの)堊色(ウハヌリ)せず」
② あることの上に、さらに同じようなことを重ねること。悪いことについて用いる。「はじのうわぬり」
※咄本・軽口露がはなし(1691)二「『さきほどの腹立は、たがひにねもはもをりない事よ』と上(ウハ)ぬりを申た」
※ロマネスク(1934)〈太宰治〉嘘の三郎「つとめればつとめるほど私は嘘の上塗りをして行く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android