コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

にす にす

大辞林 第三版の解説

にす

( 連語 )
〔上代における打ち消しの助動詞「ぬ」の古い連用形「に」にサ変動詞「す」の付いたもの。上代語〕
打ち消しの意を表す。…ない。ず。 「さす竹の皇子の宮人ゆくへ知ら-・す/万葉集 167」 〔この語が転じて打ち消しの助動詞「ず」が生じたといわれる〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

にすの関連情報