コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上山正英 うえやま まさひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上山正英 うえやま-まさひで

1878-1940 大正-昭和時代前期の放射線技術者。
明治11年9月1日生まれ。43年京都島津製作所にはいる。大正4年クーリッジX線管球の発生理論とその構造を日本にはじめて紹介。レントゲン講習会の講師として全国各地でおしえた。昭和15年12月30日死去。63歳。鳥取県出身。京都帝大中退。編著に「レントゲン学講義集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

上山正英の関連キーワード大庭秀雄清水宏ファッション・ブックアフリカン・アメリカン音楽エリセ斎藤寅次郎島津保次郎新体制運動豊田四郎久松静児

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上山正英の関連情報