コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上岩漿成 じょうがんしょうせいepimagmatic

岩石学辞典の解説

上岩漿成

火成岩形成の晩期マグマ性(late magmatic)または後マグマ性(post-magmatic)の過程,および生成物に用いる[Graber : 1897, Fersman : 1931].周岩漿成および外岩漿成の総称で,気成作用と熱水作用の時代に生成した岩石である[渡辺編 : 1935].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

上岩漿成の関連キーワード後マグマ性活動

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android