コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上杉朝宗 うえすぎ ともむね

2件 の用語解説(上杉朝宗の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上杉朝宗 うえすぎ-ともむね

1339?-1414 南北朝-室町時代の武将。
暦応(りゃくおう)2=延元4年?生まれ。上杉憲藤の子。兄朝房の跡をつぎ,上総(かずさ)(千葉県)守護となる。鎌倉公方足利氏満をたすけ,上杉憲方とともに小山義政・若犬丸親子をほろぼす(小山氏の乱)。応永2年関東管領。16年公方足利満兼の死去とともに出家した。応永21年8月25日死去。76歳?

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

上杉朝宗

没年:応永21.8.25(1414.10.8)
生年:暦応2/延元4?(1339)
南北朝・室町時代の武将。関東管領。中務少輔。関東上杉氏の祖に当たる憲顕の弟憲藤の子。父憲藤が暦応1/延元3(1338)年に戦死したのちは,兄の朝房と共に家臣に保護されて成長した。やがて上総守護となり,従兄弟の憲方と共に鎌倉公方足利氏満を補佐,康暦2/天授6(1380)年の小山義政の乱の際には憲方と共に大将として出陣している。応永2(1395)年,関東管領に任命されて,武蔵守護を兼ねた。同5年に鎌倉公方となった足利満兼は朝宗に養育されたこともあって朝宗を重用した。同12年に管領を辞し,16年に満兼が死去すると上総長柄山胎蔵寺に隠退,21年に死去した。享年76歳というが,そうすると父憲藤戦死後の出生ということになる。しかしこの享年には確証がない。鎌倉犬懸に住んだらしく,朝宗の流れを犬懸上杉氏と呼ぶが,犬懸家の勢力は朝宗一代で作られたものといえる。

(山田邦明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上杉朝宗の関連キーワード上杉禅秀関東管領高師冬上杉朝房上杉憲方上杉憲定上杉憲孝上杉憲春上杉憲基吉良満義

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone