コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩松氏 いわまつうじ

2件 の用語解説(岩松氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いわまつうじ【岩松氏】

新田岩松氏ともいう。開祖時兼は,足利義純と新田義兼の娘を両親とし,母の新田尼から譲られた上野国新田荘岩松郷以下の地頭職に,1224年(貞応3),26年(嘉禄2)に補任された。以来,新田氏の有力庶家となり,68年(文永5)には庶家の一つ世良田氏系の得川頼有から得川郷などを継承して勢力を拡大した。新田義貞の鎌倉攻めには功績があり,飛驒守護職などを得た。しかし南北朝内乱期には,足利氏に属して新田氏の没落とともに新田荘の支配権を獲得した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩松氏
いわまつうじ

鎌倉から室町時代の武家。新田氏(にったうじ)の有力庶家。新田義兼(よしかね)の娘と足利義純(よしずみ)との間に生れた時兼(ときかね)が上野国(こうずけのくに)新田荘岩松郷を本拠としたことに始まる。新田義貞(よしさだ)の鎌倉攻めに岩松経家が参加、南北朝内乱で新田氏が滅亡したのちは、新田荘の支配権を掌握する。のちに岩松満純(みつずみ)(?―1417)が上杉禅秀(うえすぎぜんしゅう)の乱の際、禅秀方に味方して殺され、子の岩松家純(いえずみ)(1409―1494)は逃亡したため、傍系の岩松持国(もちくに)(?―1461)をたてて再興。享徳(きょうとく)の乱で足利成氏(しげうじ)方の持国(京兆家(けいちょうけ))と上杉方の家純(礼部家(れいぶけ))が対立、やがて持国が没落し、1469年(文明1)に、家純による統一がなされた。家純の死後は家臣の横瀬氏(のちに由良氏(ゆらうじ)になる)に権力を奪われた。[峰岸純夫]
『峰岸純夫著『中世の東国』(1989・東京大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の岩松氏の言及

【由良氏】より

…上野国新田郡(新田荘)を基盤とする戦国大名。当初小野姓の横瀬氏を称し,新田岩松氏の家臣であった。15世紀後半の享徳の乱で,横瀬国繁は新田岩松家純に属して活躍し,1469年(文明1)家純とともに金山城を築城した。…

※「岩松氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩松氏の関連情報