コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上村白鴎 かみむら はくおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上村白鴎 かみむら-はくおう

1754-1832 江戸時代中期-後期の陶工。
宝暦4年生まれ。尾張(おわり)(愛知県)常滑(とこなめ)焼。ろくろをつかわず,指頭と箆(へら)で茶器,酒器などのほか,人物,動物の陶彫作品も製作。真焼(まやけ)(強火による素焼き)を得意とした。俳諧,茶,書などもよくし,京都九条家,楽了入,渡部宗玄,平沢九朗らと交流があった。天保(てんぽう)3年4月3日死去。79歳。通称は八兵衛。別号に白之。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

上村白鴎の関連キーワード市川団十郎クラッブ坂東彦三郎芳村伊十郎雪華図説ヘンリー鼠小僧堀田正敦オソン[1世]大塩平八郎

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone