コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上村白鴎 かみむら はくおう

1件 の用語解説(上村白鴎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上村白鴎 かみむら-はくおう

1754-1832 江戸時代中期-後期の陶工。
宝暦4年生まれ。尾張(おわり)(愛知県)常滑(とこなめ)焼。ろくろをつかわず,指頭と箆(へら)で茶器,酒器などのほか,人物,動物の陶彫作品も製作。真焼(まやけ)(強火による素焼き)を得意とした。俳諧,茶,書などもよくし,京都九条家,楽了入,渡部宗玄,平沢九朗らと交流があった。天保(てんぽう)3年4月3日死去。79歳。通称は八兵衛。別号に白之。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

上村白鴎の関連キーワード羅城荒木呉橋角々国包(8代)三鍼杉浦西涯田中帰春谷口千秋樗雲西川伊三郎(初代)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone