コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常滑 トコナメ

4件 の用語解説(常滑の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とこ‐なめ【常滑】

川床の岩などに水苔がついて、いつもなめらかであること。また、その場所。
「見れど飽かぬ吉野の川の―の絶ゆる事なくまたかへり見む」〈・三七〉

とこなめ【常滑】[地名]

愛知県、知多半島の西岸にある市。常滑焼で知られる陶磁器の産地。中部国際空港がある。人口5.5万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とこなめ【常滑】

河床や谷道の岩などに水苔がついていつもなめらかなこと。 「妹が門入り泉川の-にみ雪残れり/万葉集 1695

とこなめ【常滑】

愛知県知多半島の中部西岸にある市。常滑焼で知られ、急須・土管・植木鉢・衛生陶器を多く生産。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の常滑の言及

【尾張国】より

… 産業面では,中世における最大の窯業地の中心が尾張であった。瀬戸では美濃とともに当時唯一の施釉陶器の産地として宗教用具や高級日用具を,常滑(とこなめ)では無釉の日用具を産した。現在瀬戸では500以上,常滑では1300以上の中世窯跡が確認されており,その製品は全国的に市場をもっていたことが,各地の発掘調査から知られている。…

※「常滑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

常滑の関連キーワード川床何時もながら何時も事つい・てる時ぞともなしいつもと違う日いつもの朝にいつもの寄り道明治なめらかソフトメラナイド

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

常滑の関連情報