平沢九朗(読み)ひらさわ くろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

平沢九朗 ひらさわ-くろう

1772-1840 江戸時代後期の武士,作陶家。
安永元年生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士。茶道をたしなみ,余暇古瀬戸,唐津などを模して茶器をつくる。作品には独特の趣があり,九朗焼といわれた。天保(てんぽう)11年6月23日死去。69歳。名は一貞。通称は清九朗。別号に今昔庵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android