コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上林楽只軒(初代) かんばやし らくしけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上林楽只軒(初代) かんばやし-らくしけん

1798-1871* 江戸時代後期の人形師。
寛政10年生まれ。もと園城(おんじょう)寺の僧。還俗(げんぞく)して朝倉帯刀と名のって桂宮につかえ,円山派の画をえがく。のち上林家をつぎ茶師となる。茶の枯木で人形をほり,宇治人形と称して世にひろめた。明治3年11月18日死去。73歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。名は景命。通称は牛加。別号清泉

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

上林楽只軒(初代)の関連キーワード廃藩置県ヘルウェティア共和国大谷光尊ゴルチャコフフェリス目黒道琢オファイトアラブ文学ケンタッキー・バージニア決議アイルランド反乱

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android