コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂宮 かつらのみや

5件 の用語解説(桂宮の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桂宮
かつらのみや

四親王家の一つで,正親町天皇の孫智仁 (としひと) 親王を始祖とする。親王ののちしばしば血統が断絶し,後水尾,後西,霊元,光格,仁孝天皇の子孫が継承したが,1881年 11世淑子内親王が没して断絶。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かつら‐の‐みや【桂宮】

四親王家の一。正親町天皇皇子誠仁(のぶひと)親王の子、智仁(としひと)親王に始まる。初め八条宮、のち常盤井宮・京極宮と称し、光格天皇皇子第9代盛仁(たけひと)親王のとき桂宮の称号を賜った。明治14年(1881)仁孝天皇皇女第11代淑子(すみこ)内親王で断絶。
宮家の一。昭和63年(1988)三笠宮崇仁親王の第2子宜仁(よしひと)親王が創立。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かつらのみや【桂宮】

正親町天皇の皇孫智仁(としひと)親王を初代とする宮家。1589年(天正17)豊臣秀吉が親王のために宮家創立を奏請,所領を献じ,翌年には八条宮と称した。世襲親王家の一つで,王子智忠親王が第2代を継いだが,以後しばしば継嗣を欠き,そのつど皇子が入って相続するのを例とした。智忠親王ののち,後水尾天皇皇子穏仁(やすひと)親王,後西天皇皇子長仁(おさひと)・尚仁(ひさひと)両親王,霊元天皇皇子文仁(あやひと)親王が相承け,ついで文仁親王の王子家仁親王,孫公仁親王が相続,そののちを光格天皇皇子盛仁(たけひと)親王,仁孝天皇皇子節仁(みさひと)親王,同皇女淑子(すみこ)内親王が相承けたが,1881年同内親王が没するに至ってついに断絶した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かつらのみや【桂宮】

旧宮家。四親王家の一。正親町おおぎまち天皇の第一皇子誠仁のぶひと親王の第六王子智仁としひと親王が、1589年八条宮家を興したのに始まる。以後、常磐井宮・京極宮とも称されたが1810年桂宮と改称。第一一代淑子すみこ内親王が81年(明治14)死去して廃絶。
宮家。1988年(昭和63)、三笠宮崇仁たかひと親王の第二皇子宜仁よしひと親王が創立。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桂宮
かつらのみや

江戸時代、伏見・有栖川(ありすがわ)・閑院(かんいん)と並ぶ四親王家(ししんのうけ)の一つ。正親町(おおぎまち)天皇の皇子(陽光太上(ようこうだじょう)天皇)誠仁(さねひと)親王の第6皇子智仁(としひと)親王を初代とする。智仁親王は初め豊臣(とよとみ)秀吉の猶子(ゆうし)となったが、秀吉は1589年(天正17)一子をもうけると、親王家の取り立てを申請し、翌年八条宮の創立をみた。桂川のあたりに別邸を営み、2代智忠(としただ)親王のとき完成(いまの桂離宮)。智仁親王以降、養嗣子(ようしし)、しかも早死にし、5代尚仁(ひさひと)親王にも嗣なく、霊元(れいげん)天皇皇子作宮(さくのみや)が継嗣とされ常盤井宮(ときわいのみや)の称も賜ったが、夭折(ようせつ)したため、兄文仁(あやひと)親王が6代となり京極宮(きょうごくのみや)と改めた。その孫公仁(きみひと)親王に至りふたたび嗣なく、光格(こうかく)天皇皇子盛仁(たけひと)親王が9代を相続し、桂宮と称した。10代節仁(みさひと)親王ののちは姉淑子(すみこ)内親王が11代を継承したが、1881年(明治14)その死去とともに桂宮は断絶した。[橋本政宣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の桂宮の言及

【智仁親王】より

…八条宮(後の京極宮,桂宮)初代。正親町天皇皇子誠仁親王の王子。…

【宮家】より

…ちなみに常磐井宮,木寺宮の初代は大覚寺統の皇統の嫡嗣と定められ,伏見宮は持明院統の嫡流とされた家柄である。伏見宮創立の後久しく宮家の新立を見なかったが,やがて桂宮有栖川(ありすがわ)宮閑院宮の3宮家が設けられた。桂宮は初め八条宮と称し,1589年(天正17)の豊臣秀吉の奏請によって,翌年正親町天皇の皇孫智仁親王が創立,淑子内親王まで11代にわたって存続し,その間宮号を初め京極宮,さらに桂宮と改めた。…

【桂】より

…桂については《山海経(せんがいきよう)》や《荘子》など先秦の書物にも記事があり,珍しい木,香辛料の木とされ,時代が下ると《本草》をはじめ諸書に,薬用植物として,牡桂,菌桂,木桂,肉桂など多様に表出される。これらが現在の何に当たるかは大半不明だが,漢の武帝が未央(びおう)宮の北に桂宮を作ったように,桂が高貴,良い香りを象徴したことはまちがいない。一方,《淮南子(えなんじ)》にさかのぼって,月の中に桂の木と蟾蜍(ひきがえる)がいるという民話が普遍化し,唐の段成式の《酉陽雑俎(ゆうようざつそ)》には,500丈の桂を呉剛という男が切ろうとするが切口はすぐにふさがるという話をのせる。…

※「桂宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

桂宮の関連キーワード大覚寺宮空性法親王八条宮智仁親王妙法院宮常胤法親王梶井宮最胤法親王典仁親王正親町院義仁法親王三条局(4)宣光門院広幡家

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

桂宮の関連情報