上知と下愚とは移らず(読み)じょうちとかぐとはうつらず

精選版 日本国語大辞典の解説

じょうち【上知】 と 下愚(かぐ)とは移(うつ)らず

(「論語‐陽貨」の「惟上知与下愚移」による) 生まれながらに賢明な人は、どんなに悪い境遇や環境にも左右されて堕落することはなく、また、生まれながらに愚かな者は、どんなに良い境遇や環境のもとにおかれても賢者にはならない。
※筑波問答(1357‐72頃)六「是ぞ古人の、上智と下愚とは移らずとて、いかにすれども善きは善きままにてとほり、悪しきは悪しきままにてはつる也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

上知(じょうち)と下愚(かぐ)とは移らず

《「論語」陽貨から》最上の知者は悪い境遇にあっても堕落せず、最下の愚者は、どんなによい境遇にあっても向上しない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android