コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上行性脊髄麻痺 じょうこうせいせきずいまひascending spinal paralysis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上行性脊髄麻痺
じょうこうせいせきずいまひ
ascending spinal paralysis

ランドリー麻痺ともいう。 1859年,フランスの医師ランドリー (1826~65) が報告したもの。発熱,頭痛,四肢痛などのあとに,下肢から左右対称性に麻痺が起り,数日間で急速に上行して躯幹上肢にいたり,最終的には頭蓋筋も侵される疾患。原因としては,急性感染性多発神経炎 (ギラン=バレー症候群) ,急性伝染性単球増加症,ポルフィリア,ジフテリア,急性特発性肝炎,結節性動脈周囲炎,中毒性ニューロパチーなどがあげられる。膀胱直腸障害はまれであるが,肋間筋横隔膜が麻痺するために,呼吸困難や嚥下困難が起る。2~3週間以内に病状が安定し,麻痺の進行が止る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

上行性脊髄麻痺の関連キーワードランドリー麻痺

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android