コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上野教道 うえの・きょうどう

1件 の用語解説(上野教道の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

上野教道

没年:昭和7.6.19(1932)
生年:安政2.1.3(1855.2.19)
明治・大正・昭和にわたる曹洞宗の尼。越中国下新川郡五箇荘(富山県五箇荘村)の農民上田宗五郎の娘。俗名もと。7歳で父を失い仏門に入り,12歳で尼となる。明治5(1872)年,同郡市振の普門庵を復興して住し,上野教道と改名。普門庵の伽藍を整え,本山への寄進を行い,また,上田家の家業を興し,一方で,飢饉や火災の罹災者に食糧や金を与え,村の公共施設の建築・修繕にも寄付し,日本赤十字社愛国婦人会などにもいち早く入会するなど,托鉢と質素倹約による浄財を元に,幅広い慈善活動,社会事業に尽力した。<参考文献>曹洞宗尼僧史編纂会編『曹洞宗尼僧史』,加藤太郎『博愛慈善家上野教道の事跡』

(熊本英人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上野教道の関連キーワード青松寺泉岳寺総持寺駒沢大学修禅寺耕雲寺善宝寺大中寺長勝寺竜穏寺

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone