コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上野教道 うえの・きょうどう

1件 の用語解説(上野教道の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

上野教道

没年:昭和7.6.19(1932)
生年:安政2.1.3(1855.2.19)
明治・大正・昭和にわたる曹洞宗の尼。越中国下新川郡五箇荘(富山県五箇荘村)の農民上田宗五郎の娘。俗名もと。7歳で父を失い仏門に入り,12歳で尼となる。明治5(1872)年,同郡市振の普門庵を復興して住し,上野教道と改名。普門庵の伽藍を整え,本山への寄進を行い,また,上田家の家業を興し,一方で,飢饉や火災の罹災者に食糧や金を与え,村の公共施設の建築・修繕にも寄付し,日本赤十字社愛国婦人会などにもいち早く入会するなど,托鉢と質素倹約による浄財を元に,幅広い慈善活動,社会事業に尽力した。<参考文献>曹洞宗尼僧史編纂会編『曹洞宗尼僧史』,加藤太郎『博愛慈善家上野教道の事跡』

(熊本英人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

上野教道の関連キーワード満州国犬養毅内閣斎藤実内閣詩と詩論イブンサウードアメリカ合衆国オリンピック斎藤実内閣団琢磨栃内曾次郎

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone