上野景範(読み)うえの かげのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上野景範 うえの-かげのり

1845*-1888 明治時代の外交官。
天保(てんぽう)15年12月1日生まれ。もと薩摩(さつま)鹿児島藩士。長崎で蘭学英学をまなぶ。維新後,外国事務御用掛。駐米弁理公使,外務少輔をへて明治7年から12年まで駐英公使。13年外務大輔となり,外務卿井上馨のもとで条約改正事業をすすめた。18年元老院議官。明治21年4月11日死去。45歳。通称は敬介。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

上野景範

没年:明治21.4.11(1888)
生年:弘化1.12.1(1845.1.8)
明治前期の外交官。薩摩(鹿児島)藩の唐通事上野泰助,雪の長男。通称敬助。13歳で長崎に遊学,蘭学・英学を修める。文久3(1864)年12月,洋学研究のため上海へ密航するが,渡欧途上の幕府使節に見つかり帰国,翌年藩立開成所の英学句読師となり藩士たちの英学指導に当たる。維新後は外国事務局御用掛に任ぜられ,明治1(1868)年3月,わが国最初の造幣機械購入のため香港へ出張。2年,奴隷の扱いを受けていたハワイの出稼移民問題を解決,3年,特例弁務使として英国へ赴き,オリエンタルバンクと鉄道建設用外債募集契約に成功。外務少輔に昇任後の6年5月太政官正院へ提出した対朝鮮強硬意見書は,征韓論議の発端となった。その後駐英公使を経て,13年外務大輔に就任,外務卿井上馨の下で条約改正交渉に尽力。駐墺公使在任中に罹病,17年12月帰国,元老院議官転任後に死去。誠実廉直にして油絵を描くことを趣味とした。<参考文献>門田明他編「上野景範履歴」(『鹿児島県立短大研究年報』11号)

(犬塚孝明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android