コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上野青岐 うえの せいき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上野青岐 うえの-せいき

1756-1804 江戸時代中期-後期の俳人。
宝暦6年生まれ。松岡青蘿(せいら)にまなぶ。同門の栗本玉屑(くりのもと-ぎょくせつ)と3年間東北地方を旅した。没後に遺吟・追悼句集「驢鳴(ろめい)篇」がだされた。文化元年7月11日死去。49歳。淡路(あわじ)(兵庫県)出身。通称は桑名屋佐代吉。別号に藜庵(あかざあん)。編著に「さくら塚」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

上野青岐の関連キーワード青岐

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android