コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下方外記 しもかた げき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下方外記 しもかた-げき

?-1680 江戸時代前期の武士。
安芸(あき)広島藩士。足軽だったが,財政上の見識を藩主浅野光晟(みつあきら)にみとめられて加判役の執政にすすみ,禄3300石をうける。のち姓を伊藤から下方に,通称を勘右衛門から左近(のち外記)にあらためた。延宝8年6月29日死去。名は貞信。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

下方外記の関連キーワード徳川家綱徳川家綱榎本弥左衛門覚書桃青門弟独吟二十歌仙難波鉦徳川家綱カメロンリーリー句合コメディ・フランセーズ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android