コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下条通春 しもじょう みちはる

1件 の用語解説(下条通春の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下条通春 しもじょう-みちはる

1827-1885 幕末-明治時代の医師。
文政10年生まれ。父の業をつぎ,漢方外科として江戸日本橋に開業。同郷の浅田宗伯(そうはく)とならび称された。尊攘(そんじょう)派を資金的に援助。維新後は東京の市区改正に参画し,公共事業にもつくす。国学に通じ,和歌にすぐれた。明治18年5月5日死去。59歳。信濃(しなの)(長野県)出身。名は治徳。号は秋水。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

下条通春の関連キーワードカニング冬の旅マキシモヴィッチナバリノの海戦カニングナカノフドー建設阿部茂兵衛女医富士田音蔵冒険小説

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone