下法師(読み)シモボウシ

デジタル大辞泉の解説

しも‐ぼうし〔‐ボフシ〕【下法師】

雑役などに使われる身分の最も低い僧。中間(ちゅうげん)法師
「弟子の―を呼びて、私語(さきめ)きて物へ遣はしつ」〈今昔・二八・一七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しも‐ぼうし ‥ボフシ【下法師】

〘名〙 法師の中でもっとも身分の低い者で、妻帯し、雑役に使われる法師。中間(ちゅうげん)法師。
※浜松中納言(11C中)三「聖(ひじり)にも、麻の装束など、弟子にもしもほうしの品までも、野山の麓までくばらせ給ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android