コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下瀬熊之進 しもせ くまのしん

1件 の用語解説(下瀬熊之進の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下瀬熊之進 しもせ-くまのしん

1843-1863 幕末の武士。
天保(てんぽう)14年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。文久3年奇兵隊にはいり,下関で四国連合艦隊とたたかう。同年三条実美(さねとみ)ら七卿を三田尻(みたじり)に護衛したのち,沢宣嘉(のぶよし)の但馬(たじま)(兵庫県)生野(いくの)の挙兵にくわわる。敗れ,沢を脱出させ文久3年10月14日自刃(じじん)。21歳。名は頼高。通称はのち猛彦(たけひこ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

下瀬熊之進の関連キーワード石川厚狭介沢村幸吉宍戸弥四郎清水親知仙石佐多雄能美平吾藤崎八郎森重菊次郎安岡勘馬和田小伝次

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone