下瀬熊之進(読み)しもせ くまのしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下瀬熊之進 しもせ-くまのしん

1843-1863 幕末の武士。
天保(てんぽう)14年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。文久3年奇兵隊にはいり,下関で四国連合艦隊とたたかう。同年三条実美(さねとみ)ら七卿を三田尻(みたじり)に護衛したのち,沢宣嘉(のぶよし)の但馬(たじま)(兵庫県)生野(いくの)の挙兵にくわわる。敗れ,沢を脱出させ文久3年10月14日自刃(じじん)。21歳。名は頼高。通称はのち猛彦(たけひこ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android