コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下瀬熊之進 しもせ くまのしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下瀬熊之進 しもせ-くまのしん

1843-1863 幕末の武士。
天保(てんぽう)14年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。文久3年奇兵隊にはいり,下関で四国連合艦隊とたたかう。同年三条実美(さねとみ)ら七卿を三田尻(みたじり)に護衛したのち,沢宣嘉(のぶよし)の但馬(たじま)(兵庫県)生野(いくの)の挙兵にくわわる。敗れ,沢を脱出させ文久3年10月14日自刃(じじん)。21歳。名は頼高。通称はのち猛彦(たけひこ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

下瀬熊之進の関連キーワード河上弥市中島名左衛門小森桃塢平田篤胤墓アヘン戦争天保の改革井上勝緒方惟準マクブライド水野正名

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone